三都主アレサンドロファンについて

三都主アレサンドロの経歴


1993年、ブラジルにスカウトにいっていた当時の明徳義塾サッカー部監督の北村保夫により日本に誘われる。
1994年、16歳の時に高知の明徳義塾高校にサッカー留学で来日する。
当時のニックネームはアレっさん。
高校時代は無名のまな終わってしまう。
ですが北村氏がエスパルスのスカウトと知り合いだったためエスパルスのプロテストを受け合格。
1997年に入団。
1999年、ステージ優勝、史上最年少の22歳でJリーグMVPを獲得。
ここらへんから帰化の話がでてくる。
2001年11月12日、帰化申請が認められる。
日本名は、三都主アレサンドロ。
以前からアレックスと呼ばれていたためJリーグの登録名はアレックス。
2002年、日韓W杯選出。
2003年12月、直美夫人と結婚する。
清水エスパルスから浦和レッズに移籍する。
2005年9月には第1子誕生。
ジーコジャパンでは左サイドバックを務め、ドイツワールドカップにも出場する。
オシム監督からの評価も高く、オシムジャパン初ゴールの立役者となる。
2007年、1月30日より一年間のレンタル移籍。
レッドブル・ザルツブルクへ期限付き移籍。
2008年1月27日、浦和レッズへ復帰しました。

■三都主アレサンドロファンについて


三都主アレサンドロファンTOPへ
©三都主アレサンドロファン
お試しセット紹介